おむすびころ丸の日記

映画とごはんとお部屋とお出かけの話

しばらく前に読んだおすすめの小説

今週のお題「読書の秋」

 

最近といっても読んでからしばらく

経ってしまい、なかなか最近

読書していないんですが

おもしろかった小説

f:id:omusubikoromaru:20211025222740j:image

 

まさきとしかさんの本

 

あらすじは

平凡な主婦として幸せに暮らしていた

水野いづみの生活は、息子の大樹が

連続殺人事件の容疑者に間違われて

事故死したことによって、一変する。

深夜に家を抜け出し、

自転車に乗っていた大樹は、

何をしようとしていたのか――。


15年後、新宿区で若い女性が殺害され、

重要参考人である不倫相手の

百井辰彦が行方不明に。

無関心に見える妻の野々子に苛立ちながら、

母親の智恵は、必死で辰彦を

探し出そうとする。

刑事の三ッ矢と田所が捜査を進めるうちに、

無関係に見える二つの事件をつなぐ

鍵が明らかになる。

 

って感じのミステリーなんですが

ぼちぼち読んでみるかー

って読むとあっという間に読めちゃうし

最後にゾワワワワっといった感覚になります。

ミステリー好きにはおすすめ

 

読みやすくてあっという間読めちゃうよ。